仲間と学ぶ、英語に本気の3ヶ月

法人の皆様へ

社員一人ひとりの「英語学習の継続」を実現する"Gariben"

社員の英語力を上げる、英語研修の最大の目的はそこにあるはずです。
しかし、多くの企業で英語研修の成果の判断にTOEICを採用しているため、研修自体がTOEICで結果を出すためだけの研修になってしまい、短期間でのテクニックの詰め込みに偏り、その結果、TOEICのスコアはあがったけれど当初の目的である「社員の英語力向上」は達成されないままになってしまう、そんな経験はありませんか?

表面上の数値だけを追う英語研修に多くの予算を費やすのはもうやめにしましょう。

TOEICという試験は、ビジネス英語のインプット力を測る試験としては最適なツールです。
ですので、その最適なツールを使って、最適な英語力上達の道を辿ることのできる英語研修があれば理想的なはずです。

我々が提供するサービスGaribenは新しいプラットフォームで社員のやる気を発生させ、効果的な英語学習を継続的に実践し、TOEICスコアの向上と実務上での英語力の向上を両立させた新しいタイプのオンライン法人研修です。
(※希望によってオフライン/オンラインの組み合わせも可能です)

学びの最新プラットフォーム「ピアラーニング」

同じ目標、同じレベルのメンバーと小グループを形成し、同じカリキュラムを同じ講師から学ぶことで学びを促進する「ピアラーニング」という新しいプラットフォームをGaribenは採用しました。

英語学習の意味を理解せず強制的に学ばされるような研修は継続率、また英語力の向上という観点では非常に成果の低いものになってしまいます。Garibenは仲間(ピア)同士で相互作用する刺激をフル活用し「学びたくなる仕組み」を実現した、これまでにないスタイルのプログラムです。英語力を効率的に伸ばすノウハウを社員一人一人が理解し、仲間と切磋琢磨しながら仕事に活かせる英語を身に付け、スコアとしての結果も出る、それがGaribenなのです。

過去の全ての開催において、忙しい社会人メンバーが平均学習時間2時間以上、学習継続率96.8%を達成していることが、他の研修では得られないコミットメントの高さを証明しています。

また、リモートワークが増え、社員同士のタテヨコナナメの繋がりの希薄化が課題として顕在化しはじめています。Garibenは、社員同士で参加いただくため、社内での新たな絆をつくることが可能です。

Garibenの掲げるミッションは
「継続可能で能動的な学び」の習得です。

期間限定の研修が終わったら、社員が英語の学習をストップしてしまう。これも過去の英語研修の大きな課題でもありました。Garibenは研修終了後も社員それぞれが学習を継続し、英語力を伸ばす意欲が続いていく、そんなプログラムでもあるのです。

仲間とともに学んだ学習習慣が成功体験となり、習得した効率的な学習法の知識が学習そのものの負荷を圧倒的に軽減することでそれが可能となるのです。研修期間だけで英語力の向上を終わらせないGaribenは、研修の費用対効果を最大限に高めるプログラムでもあるのです。

こんな英語研修があればいいのに、多くの法人の語学研修担当者の方がそう思われている、ありそうでなかった英語研修を我々は提供いたします。

みなさまからのお問い合わせを、心よりお待ちしています。
Gariben運営事務局 一同

法人向け - お問い合わせ -

\6期生の申込みは12月16日(金)まで/